雀が丘から望むモスクワの夕日

モスクワの夕焼け

他の人が自動券売機でチケットを買ってるのを見て、僕も試しに買ってみた。あっさり買えた、超簡単だった。まぁ、日本で自動券売機使ってるんだから、他の国で似たようなことができない道理はない。そんな感じでモスクワの街が見渡せるらしい雀が丘に行くことにした。

 

ホームで近くにいた方に「ヴィラヴィヨーイ・ゴーイってこの列車ですか」と聞いたがうまく伝わらず「はて?」という顔をされているところに、夕飯の買い物帰りのお母さんといった感じのポーラさんという女性が声をかけてくれて「私はヴィラヴィヨーイ・ゴーイの次で降りるので、途中まで一緒に行きましょう」ということになった。「スパシーバ」です。

 

sparrow-hills02

ヴィラヴィヨーイ・ゴーイのホーム

 

列車を降りてポーラさんに手を振ってヴィラヴィヨーイ・ゴーイのホームに着いた。メトロに乗ってきたけど地下じゃないのか、と言うか降りる人少なっ。とにかく外へ出てみると。

 

sparrow-hills04

ヴィラヴィヨーイ・ゴーイ駅前

 

sparrow-hills03

スケボーで遊ぶ青年たち

 

列車が頭上を走っているせいだろうか「京王相模原線みたいだな」と思った。これから無補給で丘を登るのかと落胆してたら、近くに売店があって飲み物かお菓子しかなかったのでコーラを買った。

 

sparrow-hills05

売店

 

sparrow-hills06

安定のコカ・コーラ

 

水分補給も終わったところで、雀が丘に行くにはリフトがあるみたいなので登りはそれでいこうと、近くに人に場所を尋ねてみたが「ニエート ポニャール(わかりません)」。もういちいち聞くのもめんどくさくなったので「どうせ丘までそんなに距離はなさそうだ」と歩いて登ることにした。

 

sparrow-hills07

雀が丘へ向かう道

 

sparrow-hills08

ところどころ階段もある

 

sparrow-hills09

ひたすら歩く

 

歩いて登っても20分程度だったので、リフトに乗らなくて正解だったもしれない。ここ数日、シベリア鉄道で電車に乗りっぱなしだったから、運動不足解消にはちょうどよかった。時間的にもいい感じなのか他にも夕焼けを眺めに来ている人たちがいた。どこに行っても望遠鏡は置いてあるもんだな。

 

sparrow-hills10

モスクワを眺める人々

 

sparrow-hills14

モスクワの夕焼け

 

この丘自体はそんなに高くない場所にあるので、抜群の景色かというとそうではないんだけど、お土産屋さんとかもないせいか、のんびりと落ち着いて景色を眺められる場所なのがよかった。すれ違うベビーカーの赤ちゃんも思わずガン見してしまったこのハードなおじさんも、何か思うところがあってここに来たのかもしれない。爆音を鳴らして走り去って行ってしまったが、暑くないんだろうかその格好は。

 

sparrow-hills15

ロシアンバイカー

 

この丘の前には、モスクワ大学があって、まぁ大学というかゲームのラスボスがいそうなお城みたいだったが、これはこれですごくかっこよかった。この建物の中には学生寮もあるらしいんだが、一体どんな部屋なんだろう。

 

sparrow-hills11

モスクワ大学

 

ということは、ここでラジコンで遊んでた子たちの中にも、モスクワ大学の学生がいたのかもしれない。子どもじゃなくても最新のゲームじゃなくても楽しいものは楽しいように、みんな夢中になって遊んでいた。

 

sparrow-hills12

大学前の歩道に書かれたラジコンコース

 

sparrow-hills13

ラジコンで遊ぶ子たち

 

しばらく「僕もラジコンやりて〜な」と見てた後に、さすがに腹も減ってきたので丘を降りることにした。来た道とは別の道を通って丘を降り始める。途中、森の中で運動施設のようなものをいくつも見かけた。

 

sparrow-hills16

丘から降りる途中

 

sparrow-hills17

スキーのジャンプ台?

 

sparrow-hills19

アスレチック?

 

丘を下りきりモスクワ川沿いに出ると、もう川は夕日に照らされていて地図を確認したら、この川沿いに歩いていけば、ヴィラヴィヨーイ・ゴーイ駅に、ずっと進めばクレムリンまで行けるみたいだ。

 

sparrow-hills23

観光クルーズ船

 

この川沿いには歩道の他に、自転車やローラーブレード、ランナー専用レーンが整備されていて運動をしている人たちがたくさんいた。その中にはキックボードに乗ってた仕事帰りのような女性もいた。運動を日常に取り入れるって、ジムに行くとかじゃなくてこういうことかなと思った。

 

sparrow-hills26

トレーニング中の人たち

 

sparrow-hills28

仕事帰り?

 

sparrow-hills29

颯爽と行ってしまった女性

 

sparrow-hills30

これも車の一種か

 

ヴィラヴィヨーイ・ゴーイ駅の下も走行レーンが通っているので、ここから列車に乗る人や、逆にここから家に帰るような人もたくさんいた。これはなかなか楽しそうでいいな。階段の下には危険走行をしていないかチェックしている警備のお姉さんもいた。

 

sparrow-hills33

ヴィラヴィヨーイ・ゴーイ駅階段下

 

sparrow-hills31

モスクワ川の夕焼け

 

「なんだろうね」この道を歩いてきて景色を見てなんかいいなと思った。言葉にしてその程度の感情ではあるのだけれど。

 

sparrow-hills32

ヴィラヴィヨーイ・ゴーイ駅下

 

さすがにもうお腹も減ったし夕飯時かな。今夜は何を食べようかな。

 

つづく

コメントを残す